2009年04月14日

秋山真之

 秋山真之(あきやまさねゆき)。

 日露戦争の日本海海戦で、日本の連合艦隊を勝利に導いた天才参謀です。



 秋山真之は、子供の頃から天才的な頭脳を発揮して、それでいてガキ大将でもあったようです。

 絵を描いても、詩を書いても子供離れしていて、近所の子供を集めて花火を製作、打ち上げて警察沙汰になったこともありました。



 秋山真之の青春時代は、日本がまさに近代化に向けて全力で突っ走っているときでした。彼の生まれた松山藩は、明治維新で幕府側についていたため、薩長が牛耳る明治政府にあっては、出世はとても困難なものでした。

 それでも、急いで近代化をする必要があった日本においては、人材がかなり不足してことも事実。さまざまな分野において、オンリーワンになれるチャンスがあったのです。そんな中、秋山真之が選んだのは、海軍への道でした。特に、西洋式の戦術を学び会得している人物はいなかったために、オンリー・ワンになれることが十分可能だったのです。



 海軍兵学校に入学した秋山真之は、メキメキと頭角を現します。

 試験では神様と呼ばれるほどに出題される問題を当てて、首席で卒業しました。先生それぞれの授業での話す内容や過去の出題傾向を分析すれば、大体の察しはついてしまうそうです。



 そして、海軍へと進んだ秋山真之は、戦術・戦略の研究に没頭します。アメリカ留学に行ったときなどは、部屋にこもって兵法書を読み漁ったそうです。

 ここでは、世界随一といわれた戦術家とも面談。講義を受けるというわけでもなく、その考え方や物の見方など、ヒントになりそうなものは一度目の対話のみで会得してしまったようです。

 勉強の仕方というものを、完全に理解していた秋山真之。今の時代に生まれていたら、有名な塾講師とかになっていたかもしれませんね。なにしろ、試験の神様ですから。


ラベル:秋山真之
posted by ななせ at 10:49| 勉学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月22日

計数

 社内で行われている計数試験。ようやく、一級を合格することが出来ました。

 長かったような、短かったような。一級で躓いていたので、とりあえずホッとしたところです。



 この計数のテストなんですが、所属している部署では、第一号の1級合格者なのです。いくら小売業とはかけ離れた部署だと言っても、経理を担当管理している人もいるわけですし、過去の問題集も配布されているので、せめて3級くらいは取ろうよ、なんて思ってしまいます。

 ま、自分が受かっているから、こんなことが言えるんですけどね。実際に、計数の試験に受かったからって昇給するわけでもないし、私自身、小売業を理解できているわけではありませんから。

 とは言え、いつも口うるさい経理の方には、ぜひ奮起して計数のテストに臨んでもらいたいものです。彼を快く思っていない人たちは、私の合格に便乗する形で、「何だよ、経理でいつもうるさく言ってるくせに。」なんて始まる始末。自分のところに逆恨みが来そうなので、下手な刺激を与えるようなことはして欲しくないのですが・・・。

 愚痴や悪口は、ホドホドにしておきましょう。



 今回の計数試験も、出世や昇給を望んで合格したわけではないんですよね。ただ試験を受けるのが好きだからだと思ったりもしたわけですが、それだったら普段から資格や検定を受けまくるはずですもんね。特別に、計数に興味があるわけでもないですし。

 ちなみに、中学校のときの校内での計算競技会で優勝したことはあります。ここでは関係ない話ですけど、思い出したと言うことで、少しだけ自慢させてもらっちゃいました。

 さて、計数試験に臨む際なのですが、格別努力をしたわけではないんですよね。合格するかしないかの、ギリギリのレベルで本番に臨むのは、何だか楽しかったりします。それゆえ、自分一人しか合格できていないのが、にわかに信じがたいのです。
ラベル:計数
posted by ななせ at 19:28| 勉学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月03日

高杉晋作

 高杉晋作(たかすぎしんさく)についてです。

 皆さんご存知でしょうが、幕末を代表する有名人ですね。坂本龍馬、西郷隆盛の次くらいに有名でしょうか? でも、今は篤姫がいましたよね。



 私が高杉晋作を本格的に好きになったのは、NHKで放送されたドラマを観たときからです。確か、原作は司馬遼太郎さんの小説『世に褄む日々』だったと思います。高杉晋作と、その師匠である吉田松陰を主人公とした物語。三味線を弾く姿が、とても凛々しかったのを思い出します。桂小五郎や久坂玄瑞、伊藤博文といった、高杉晋作ゆかりの人物も登場していました。

 松陰の死後、彼に言われた「あと10年は親孝行をしなさい」という言葉を思い返し、ひとり物思いにふける姿が印象的でした。その言葉には、「君(高杉)は僕(松陰)のような狂人になることは出来ない。役人でもなって、安定した生活をして親を安心させてあげなさい。」的な意味と、「あと10年もすれば、君の力が必要になるときが来る。そのときまでは、無駄に命を落とさないようにしなさい。」的な意味があるかと考えられますが、概ね後者の方だと思われます。

 実際に、晋作が暴走?を始めるまで10年とかからなかったわけですが、ほぼ予言通りとなったわけです。松陰先生が生きていた時代とは、幕府の力そのものが大きく違ってしまいましたからね。



 さてさて、数々のエピソードを残す高杉晋作ですが、その代表的なものが、一人、保守派政権打倒に起ち上がった功山寺決起でしょう。

 当時奇兵隊を率いていた山県有朋らの反対もあり、晋作に付き従ったのは、伊藤博文と力士隊数十人だけ。「正月になれば誰でも来る。本当に想いがあるなら、今こそ立ち上がれ。」的なことを言い、保守派政権打倒後は、「人間は苦労を共にすることは出来るが、富貴は共に出来ない。」的なことを言って、権力を握れるであろう新政権を放り出してしまった高杉。いちいち、やる事がカッコいいんですよね。
ラベル:高杉晋作
posted by ななせ at 20:12| 勉学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月27日

電話のかけ方

 前回は迷惑電話についての記事でしたが、今回は、ビジネスマナーにおける正しいかけ方についてです。

 仕事柄、年相応のビジネスマナーというものが身についていないんですよね、恥ずかしながら。だから、たまに仕事のことで電話をするときは、妙に緊張してしまいます。正しいかけ方なんて、1,2分の準備で身に付くものではないですもんね。事務の女の子にアドバイスを受けながら、しっかりと下書きというか台本を書いて、心の準備を満タンにしてからダイヤルするようにしています。

 これは相手への配慮というよりも、自分自身が恥をかきたくないだけのことなんですけどね。でも、あとから「社会人の基本マナー」的なテキストを読んだりすると、ごく当たり前のことなんですよね。



 技術の進歩したこんな時代だからこそ、友達に対する電話の掛けかたですら、きちんと守るべきですよね。せめて、「今、大丈夫?」の一言くらいは入れるべきでしょう。

 あまり年のせいにはしたくないのですが、最近、携帯に対する反応が悪くなってきてしまいました。携帯を常に手元に置いておくわけでもなく、着信に気付いてもすぐに連絡を入れず、メールの返信も2,3日経ってから、なんてことが当たり前になってきました。

 これはもう、社会人としてと言うよりも、人間としてどうなんだという話になってしまいます。友達を無くす前に、軌道修正しなければなりませんね。



 ベルがなったらすぐに受話器を取る、「いつもお世話になっております」的な挨拶をする、受話器は静かに置く、など。考えるまでもない、常識的なことばかりです。

 とは言え、慣れない人間がたまに電話をすると、テンパってしまいますもんね。様々なフローを想定して、事細かに台本を書いておくべきなんでしょうね。
ラベル:電話のかけ方
posted by ななせ at 23:27| 勉学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月09日

確定拠出年金

 確定拠出年金が、今度うちの会社でも導入されるらしいです。会社としては、決して強制ではなく、ではないけれども、社員全員の賛成が必要で、賛成しなければ社内での立場は悪くなるわけで、ようは強制というわけです。

 それに伴い、確定拠出年金の勉強会が、各部署で開かれ始めました。私の事業部でも、何度か開かれました。



 さて、勉強会とは言ってみたものの、ようは後から不満を言わせないために、確定拠出年金とは何なのかということを、理解出来るかどうかは別にして、社員全員に説明しておくというものです。うちの部署で経理を担当しているHさんが、ネットで見つけた確定拠出年金の記事をコピーして持ってきました。それを元に、勉強会を開いたに過ぎません。

 「このままでは、将来皆さんに払われるお金が少なくなってしまいます。これからは、投資することも必要なのです。」なんか騙されてる気がします。確定拠出年金によって、退職後にもらえるお金も、格差がますます拡がっていく感じです。

 投資である以上、損をしてしまうことは当然あるはずです。それを自己責任の一言で済まされてしまっては、あまりにも殺生と言うものです。確定拠出年金の勉強をみっちりやれば、確実に儲かるわけでもないでしょうし。

 むしろ、得はしなくていいから、本来貰えるだけの額を、確実に支給して欲しいところです。まあ、私の周りの社員なんか、皆が皆、株取引の経験なんてないので、ある意味心強いですが・・・。



 もちろん、確定拠出年金購入決定後は、その道のプロを招いて本格的に勉強会を開くそうです。そうはいっても、その話を聞いて成功するくらいなら、皆やってますもんね。

 まあ、愚痴ばかり言っても始まらないので、個人的にも確定拠出年金について、しっかりと調べていきたいと思います。ホント、先行き不安な世の中になりましたよね。
posted by ななせ at 12:00| 勉学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。