2009年04月03日

裁判員制度

 いよいよスタート間近の裁判員制度

 実は最近まで、陪審員制度と呼ぶのだと勘違いしていました。まあ、別に違いがあるわけではないでしょうけど。



 裁判員制度の導入に関しては、世論調査などを見てみても、反対意見が多くあるようです。辞退している方も続出しているとか。

 確かに、問題点や課題なども、スタートしてみると改めて出てくることでしょう。報酬は日当いくらなのか?とか、果たして企業側は容易に休暇を与えてくれるのか?など、選ばれた際の不安はたくさんあります。



 とはいえ、裁判員制度にもいくつかのメリットはあるようです。もちろん、だからこそ導入するんでしょうけど。

 国民が人を裁く場に参加することは、どんな意味があるのでしょうね。裁判員制度の是非は、そこが一番のポイントですよね。

 テレビで流れるニュースを観ていると、どうしても、「判決が甘い」と「被害者の家族が可哀そう」という意見、感想になってしまいます。でも、それはあくまで、全くそこに関わっていないからこそ言えることなんですよね。実際に、自分の考えが被告の極刑へと繋がってしまうかと思うと、裁判員制度の枠組みの中のこととは言え、かなりの精神的不安を抱えてしまうのではないでしょうか。映画『12人の優しい日本人』の中にも、そのようなトラウマを抱えた人物が登場します。



 そもそも、司法に関して全くの素人である一般人を起用する裁判員制度。当然ですが今までよりもより、人間の感情というものが、より判決に結びやすくなるわけですよね。

 司法の原理・定義みたいなものは、一日や二日ではとても勉強できるものではないでしょう。私たちド素人からすれば当然、被告の態度振る舞いはもちろん、被害者の人間性まで大きく関係してきますよね。


ラベル:裁判員制度
posted by ななせ at 11:20| 時事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月18日

派遣村

 昨年末以来、派遣村と言うものが大きな話題となっています。

 お金も職も、住む所もなくなってしまったという人たちのために誕生した施設。まさに、この不景気を象徴していると言えるでしょう。



 派遣村のニュースが流れると出てくるのが、職のない労働者に同情する声や不況を心配する声、又は働く気のない人間を甘やかし過ぎるという声です。さすがにテレビで堂々と職のない人たちを避難するコメンテーターはいないようですが、取材の編集の仕方なんかは敢えて突っ込みどころ満載にして流しているようにも見えます。

 派遣村のお世話になるような人でもそれぞれ事情が違うだろうに、例えばその予備軍になりそうな方の取材となると、同じタイプの人ばかり追っている感じがするんです。

 どういう事かと言うと、これは私が観ているときがたまたまそういうケースばかりなのかもしれませんが、何だか切迫感にかけているというか。来月には仕事も住む所もなくなるというのに、お酒やタバコをやりながらバラエティー番組(のようにみえる)を観ている。その映像だけ拝見していると、「本当にこの人は危機感を持っているのかな?」と感じてしまいます。せめて、就職情報誌みたいなものを見ながら悲観的なコメントをしているならまだしも、あんな映像ばかりではテレビを観ている人からすると、「同情するには及ばない」なんて事になりかねません。

 又、どの人を取材しても似たような映像では、派遣村にいるような人は皆同じタイプの人間だと思われてしまうでしょう。考えすぎかもしれませんが、何だかテレビに作為的なところがあるとさえ思ってしまいます。



 この時代、自分の生活がずっと安泰だなんて思ってる人はいないと思うんですよね。自分が派遣村のお世話になる事だって、もしかしたら出てくるかもしれません。

 それはそうと、テレビのコメンテーターは好き放題言いますよね。求人と休職のアンバランスについて、職業選択の自由を持ち出している人がいました。本当にお金が必要なら、そんな事は言ってられないと思うんですけど・・・。
ラベル:派遣村
posted by ななせ at 23:30| 時事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月29日

クラスター爆弾

 クラスター爆弾について。

 なんとも重々しい記事ですが、目に留まったので調べてみることにしました。もちろん、それほど詳しくではなく、簡単なものとさせていただきます。



 クラスター爆弾の原型は、第二次世界大戦時、すでに日本・ドイツ・アメリカなどによって、開発・使用されていました。日本本土に対して行われたアメリカ軍の空襲。そのとき使用された焼夷弾も、クラスター爆弾の原型だそうです。

 テレビのドキュメンタリーやドラマなどで、アメリカ軍がいかに計画的に空襲を行っていたかが窺える特集を見る事があります。いかに戦争とは言え、ここまでするのか!?という怒りに似た感情が湧いてきますよね。



 さて、そのクラスター爆弾ですが、近年は、使用禁止に向けた動きが目立ってきているようです。というのも、不発弾のまま放置される割合が多いので、その被害者となるのが、戦争が終わった後の一般人になるのですね。農作業を手伝う子供たちが、残留しているクラスター爆弾によって命を落とすケースが数多くあるわけです。そういったところから、非難の声が多くなってきたわけですね。

 そうしたなか、2006年に、まずベルギーが法的にクラスター爆弾を禁止しました。

 ついで2007年、ノルウェーの呼びかけで、49カ国が参加する会議が開かれました。そして、2008年中に、使用・製造・移動・備蓄することを禁止するとした宣言を採択。一気に動きが活発化しました。



 ところが、このクラスター爆弾を禁止する動き。必ずしも、世界が一つになっているわけではないようです。

 アメリカは、独自のプロセスを展開。使用を止めるのではなく、不発率を低めることを目指そうとしています。中国やロシアなどの日本近隣諸国も、揃ってクラスター爆弾禁止条約には参加していません。
posted by ななせ at 16:47| 時事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月17日

つけまつげ

 つけまつげのブームが再燃しているとのニュースを見ました。女性の美を追求する姿、それこそが美ですよね。

 昔流行っていたものが、再び脚光を浴びる。全く同じということではなく、時代に合わせて変化し受け入れられる。つけまつげのブームも、いろんな要素によって起こった現象なのでしょう。そっち方面には疎いもので、周りの女性を注意して見るような事もありませんでした。

 もちろん、付け方や人気ランキングなど、細かい情報まであるのでしょうね。コージー本舗やダイソーでは、つけまつげの売り上げが急激に伸びているようです。景気が悪くても、売れる物は売れるんですよね。



 さて、今回つけまつげのニュースを見ていて、一人のモデルさんを知りました。舞川あいくさんです。雑誌「Popteen(ポップティーン)」の専属モデルとして活躍されているそうです。なるほど、私とほとんど変わらない身長の持ち主なのですね。

 ただ、正直私のようなオジサンからすると、若い女の子の顔って区別がつかなかったりするんですよね。ある意味、お化粧が巧過ぎると言う事でしょうか。顔や体型自体が、昔の女の子とだいぶ違いますもんね。食生活など、だいぶ西洋化されてきているからなのでしょう。

 私もこの歳で未だにマック大好きなのですが、なかなか西洋化はされてないみたいです。まあ、間違いなく体重増には多大な影響を及ぼしているでしょうけどね。



 えっと、又だいぶ話が逸れてしまいました。つけまつげと舞川あいくさんについてでしたね。舞川あいくさんについては、後日、又別のところで語るとしましょう。とにかく、今つけまつげの人気が再来しているとのことです。

 前述の舞川あいくさんや鮎川りなさんなど、モデルさん自らがプロデュースするケースもあるみたいですね。これはつけまつげに限らず、ファッション業界全体に言える事かな?
posted by ななせ at 20:47| 時事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月11日

ブラ男

 今、ブラ男なるものが流行してるみたいですね。最近、知りました。40〜60代のおじい様たちに増加してるみたいですが、はまる訳は何なのでしょうね。癒しだったり、ストレス解消でしょうか。

 ちなみに、私は今のところブラ男ではありません。



 ただ、ブラジャーを着けている人達も、いろいろ悩みはあるようです。変態(へんたい)だと思われてしまうのではないか?といったものが、一番の悩みみたいですね。自分からかミングアウトしたり、バレル怖さもありますよね。

 結構コレクションしている人もいるみたいで、カップや柄にこだわりを持っている様子。地味なものから派手なものまで、人それぞれの好みなんでしょう。

 なかなか試す機会はありませんが、着けるとその良さが分かるのかもしれませんね。今のところ、試してみる気はないですけど。



 ところがこのブラジャー。しっかりと男性用もあって、注文が殺到している模様。このご時世、あらゆる所にニーズがあるんですね。詳しくは分かりませんが、インターネットで購入出来るというのも大きいのでしょう。

 流行しているとのニュースが流れれば、さらに流行する事でしょうね。実行する人が多くなれば、堂々とカミングアウトすることができるようになり、ますます流行する事になるかもしれません。もしかするとブラジャーにとどまらずにパンティなどにも拡がり、末には女装した親父さん達が堂々と街を歩くような文化が生まれるかもしれません。まさかといった事ですが、こればかりは分かりませんからね。

 女性から男性へのプレゼント、娘からパパへのプレゼントで、男性用ブラジャーが贈られるという時代が来るかもしれません。単なる性癖と思われているものでも、いつか時代が追いつくかもしれないという事です。

 男性用ブラジャー。そんなわけで、宴会などでのパフォーマンス用に着用する人は増えるかもしれませんね。
posted by ななせ at 14:12| 時事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月05日

藤川優里

 藤川優里(ふじかわゆり)さん。美人市議としてお馴染みの、八戸市議会議員です。

 天は2物を与えるものなんですね。カッコイイスポーツ選手や歌のうまい役者さん、そしてこの藤川優里さんなどを見ると、つくづくそう考えずにはいられません。



 どんなに自己投資をしたとしても、藤川優里さんのように才色兼備と呼ばれるためには、生まれもっての資質も重要になってくるのではないでしょうか。

 いえいえ、そんなことはありません。そのように決め込んでしまうから、ますます表情が暗くなって垢抜けない顔になっていってしまうのです。つまり、「藤川優里さんの美貌は生まれつき」なんて妬むほどに、ルックスの格差も広がっていってしまうわけです。常に前向きに。人間の絶対能力は、皆大して違いはないのですから。



 さてさて、話を藤川優里さんに戻しましょう。この女性が将来、どのような所まで上り詰めるのかは分かりませんが、小池百合子さんや野田聖子さんもいることですし、女性総理誕生の日もそう遠くはないかもしれません。

 保守的な人なんかは、「男がだらしなさ過ぎる」なんて機嫌を損ねるかもしれませんが、世の中は常に変化し続けるものですからね。女性のプロ野球選手も誕生しましたし。藤川優里さんにも、是非、上を目指してもらいたいものです。



 考えてみれば、遠い昔の邪馬台国なんかは、女性が治めたほうが安泰するなんて言われていたんですもんね。ご存知、卑弥呼さんです。北条政子に日野富子、ドラマで人気の天障院篤姫など、政治的に多いな功績を残した女性は多いんですよね。

 世界史上でも、クレオパトラやエリザベス一世など歴史に残る軌跡を起こしています。現在の藤川優里さんにすれば、少しばかりスケールの大きな話になってしまいましたが、是非とも、美しい日本を守っていってほしいと思います。
posted by ななせ at 13:13| 時事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月28日

新型インフルエンザ

 新型インフルエンザに関する話題が、テレビのニュースやドキュメンタリーなどでも取り上げられることが多くなってきました。

 本当に流行するのか?流行したらどうなるのか?もしかしたら、私たちが経験したことがない恐ろしい未来が待っているのかもしれないですね。



 新型インフルエンザに関しては、今年始めに、NHKがスペシャルドラマを放送していました。某国の難破船が、地方の海岸に漂着。感染した地元の子供が死亡する、と言うようなところから始まり、新型インフルエンザが日本中、世界中で猛威を振るうというところに発展していきます。

 タミフルが効かない。ワクチンが足りない。苦闘する医師の姿をリアルに描いた作品です。新型インフルエンザはもちろん脅威ですが、このドラマ自体、とても出来のいい作品に仕上がっていて、単純に観覧して面白かったです。



 繰り返しになってしまいますが、この新型インフルエンザが流行したら、本当にどうなってしまうのでしょう?

 20世紀初頭のスペイン風邪も凄かったらしいですよね。サイクル的に考えると、そろそろ発症しても決して不思議ではないんですよね。

 科学の発達した現代、人間の能力に期待したいところです(あくまでも、他人任せ的な発言ですが・・・)。



 では、新型インフルエンザが流行してしまった場合、一個人としては、どのような行動をとればいいのでしょうか?問題が起きてからではなく、平時から対策や準備をきちんとするべきですもんね。

 特に社会の末端にいる人間は、自分のことは自分で守ることを考えなければなりません。新型インフルエンザに関しては、国ももちろん対策を講じていると信じたいですが、現在の国政を鑑みると、とても安心信用出来るものではないですよね。



 『ドンと来い!新型インフルエンザ!』と叫びたいところですが、結局臆病な私としては、部屋に引きこもるという事位しか、解決策が思い浮かびません。
posted by ななせ at 19:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。