2009年02月28日

カラオケで上達するには

 カラオケ上達方法について。

 とは言え、私は歌の先生ではありませんから、専門的な話(腹式やボイストレーニングなど)は出来ません。あくまでも、素人的考えでみた、うまく歌が歌えるようになる、普段の練習のコツのようなものです。



 さてさて、専門家でもない私が、なぜにカラオケ上達法を語るのかということです。ここで証明することが出来ないのですが、自分、一般人の中ではまあまあ巧い方なんです。

 両親も含め、親族に歌のうまい人は見当たらないし、特別にレッスンに通ったわけでもないので、大げさな言い方をすれば、自分で自分の力を引き出す術を学んだということになります。(あくまでも、カラオケに関しての話です。)

 もともとの才能ではなかった証拠に、20歳位までは、それはもう下手くそな部類でした。これはもう遺伝なんだから仕方ないさあ、と諦めの境地に入っていました。

 ところが、20歳前後から、急激に進化(と言ったら言い過ぎですが)していきました。その理由を、自分なりに解析してみました。



 まず始めに断っておきますと、私自身、何度も言っているように、プロでもなければ人に教えるほどカラオケが巧いわけではありません。ただ上達の幅が大きかった理由を、自己分析しただけの話に過ぎませんので、唐突無形な内容に思われるかもしれません。

 さて、その最大要因なんですが、歌の聞き方にあるのではないかと思うのです。耳から聞くのではなくて、体で聞く、そして身体で感じる。

 車を運転中に音楽をかけているときは、熱唱しているという人もいるでしょう。そんなときも、耳で聞くのではなく身体で感じるんです。そうしていると、不思議なもので今流れている歌を歌っているのは、自分なのではないかという錯覚を起こすわけです。ごく、自然な形で。

 もっと不思議なのは、人間のもっている潜在意識の働きです。この唄を歌ってるのが自分だとするならば、この声を出すためにはどうすればいいのかを、本人が意識せずとも脳が勝手に考えてくれるのです。


ラベル:カラオケ上達
posted by ななせ at 09:12| 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月25日

コブクロ

 コブクロについて。

 いまや、すっかりトップアーティストの仲間入りしちゃいましたよね。確かに、いい歌ばかりです。特に、『ここにしか咲かない花』あたりから、急激に良くなった印象があります。

 コブクロを記事にしながら、実はCDを購入したことはないんですけどね。まあ、今の世の中、CDを買うのは滅多な事ではないですもんね。何百万ダウンロードと言われても、いまいちピンとこないですよね。



 さてさて、コブクロといえば、少し前に陣内智則さんが藤原紀香さんとの結婚式で、自ら弾き語りで歌を歌うエピソードがありました。コブクロの『永遠にともに』でしたね。あの場面は、本当に感動的でした。あれに影響を受けて、自分もやろう!と奮起した男性も多くいるのではないでしょうか。

 また、その逆に、二の足を踏むことになってしまった方も多いと思います。テレビにまともに影響されたと思われてしまうのも、何か嫌なものです。



 私の友達もちょうどその頃、ギター弾き語りで、コブクロの同曲を披露したそうです。友人結婚式で、新婦側の友人が多数涙していたそうです。(本人による証言)

 その友達がコブクロの歌を歌ったのは、陣内さんの結婚式の一ヶ月ほど前でした。新郎のリクエストに答えたのだそうですが、順番が逆だったらと思うとゾッとするそうです。このあたりは、人それぞれの考え方によりますけどね。



 それにしても、これからますますの活躍が期待されるコブクロ。個人的には、ミスターチルドレンの次くらいに注目しています。

 歌詞の内容とかが、世代を超えて感動を与えているのでしょうね。最近では、新垣結衣さんに提供した『赤い糸』も泣ける歌です。
ラベル:コブクロ
posted by ななせ at 15:11| 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月06日

EXILEにハマッタ友達の奥さん

 友達の奥さんが、最近EXILEに夢中になっていると聞きビックリしました。と言うのも、全然彼女のキャラじゃないからです。友達の奥さんと言っても、友達同様、高校の同級生なのでその性分などは把握しているつもりですが、とてもEXILEを好きになる柄ではなかったもので。

 人間、紆余曲折を重ねて、いろいろな生き甲斐を手にするのですね。彼女の場合、EXILEだからビックリしたと言うよりも、一人のタレントやグループを、ファンクラブに入るほどのめり込むのは見た事がないからなのです。

 必死になって、チケットを購入したり歌を覚えたり振り付けの練習をしたり。EXILEのチケットなんて、今なかなか手に入るものではないらしく、遥か遠方のコンサートに出向いたこともあるようです。ミーハー的要素なんて全くなかったのに、大きくなってから罹る麻疹の様な物なんでしょうか。

 まあ、それだけの魅力がEXILEにはあるのかもしれませんね。一度でも生で観てしまうと、もう虜になってしまうのでしょう。歌詞を覚えたり、グッズを集めたりで大変らしいです。

 そんなEXILEですが、バラード版のベストアルバムも好調な様子。勢いは止まりそうもありません。なんてコメントしておきながら、正直、個人的にはあまりEXILEを好きではありません。別に嫌いと言うわけではないんですが、人気になってるほど好きではないと言うだけの話です。



 今回の彼女は、EXILEのファンになったと言うことですが、これが氷川きよし、そしてヨン様、さらには綾小路きみまろと移っていくのでしょうか。

 フト思ったのですが、殿方にとって、そう言うのってないんですかね? 女性がEXILEにはまるように、男たちが群がるようなアイドルというか団体?とでもいうか。第一人者は恥ずかしいですが、チョットのきっかけで流行するかもしれませんね。
ラベル:EXILE
posted by ななせ at 13:47| 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月26日

Mr.Children(ミスターチルドレン)

 Mr.Children(ミスターチルドレン)の紅白歌合戦初出場が決まりましたね。

 ドラマ『バッテリー』や北京オリンピックのテーマソングにもMr.Childrenの曲が使用されていたので、いよいよ今年当たり出る様な予想はしてましたけど、本当に出るんですね。双方の事情が、心境の変化も含めて、いろいろと重なり合ってきたということでしょう。



 私個人としては、ミスチルの『GIFT』が今年のbPの歌なんです。まあ、知ってる曲事態それほどないというのがありますが・・・。

 ギフトの何がいいのか。最初聴いたときは、普通にオリンピックの応援ソングなんだなあという感想でした。確かに、それだけの観点だけでも、充分名曲です。でも、実はいろいろな側面で考えられる歌ですよね。まあ、一つの曲の中には、つくった人たちの様々なメッセージが入り混じっているんでしょうけど。

 さて、どんな思いでこの歌を聴き、(カラオケや車内で)歌うことが出来るのかという事ですが。まずは、プロポーズ的なものですよね。ギフトの中身は指輪かもしれませんし、その人自信の相手に対する想いだったり、または「ようやく、君に相応しい男になれたよ」的な意味が含まれているのかもしれません。長い間渡したかったものとは自分の人生全てという事になり、色が変わり果てる位というと、かなり壮絶な感じもします。

 また、自分自身に対する応援ソングなのかな、とも取れますよね。この格差が拡がる社会。とかく、勝ち組だ負け組みだと区別したがる世の中。自分を信じて、他人と比べることなく、前向きに生きていくことが大切なんですよね。



 話が『GIFT』一色になってしまいましたが、ミスチルの紅白でのステージ、楽しみにしたいと思います。

 もしも身近にいる年配の方が、どんな歌なのかさっぱり解らないといった表情をしていたら、歌詞を一つ一つ説明補足してあげましょう。人生経験豊富な人たちは、また違った解釈で私たちを驚かせてくれるかもしれません。
posted by ななせ at 21:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月24日

クリスマスソング

 ケーキの話だけでも胸キュンがないので、クリスマスソングについても語っておきましょう。語るといっても、昔の歌ばかりになってしまうでしょうけど。

 こんな私でも、若い頃はよく自分でテープを編集して楽しんでたんですよねえ。もちろん、クリスマスソング集なんてのも作りました。今では信じられない。よくもまあ、あんな地味な作業をコツコツとやっていたものです。

 そういえば、自分の誕生日に一人寂しくドリカムベストなんてのを作った記憶もあります。『うれしい、楽しい、大好き』で始まり、『未来予想図U』でしめていますね。ご苦労様です。



 さてさてクリスマスソング。私どもの世代としては、CMともとも山下達郎さんでしょうか。かなり幅広い層に支持されていると思います。好き嫌いは別にして、認知度はかなりのものでしょうね。クリスマスソングと言えば?なんてアンケートがあったら、必ず上位にランクインする曲です。

 確かあのCM、7,8年前に復活しましたよね。ヒロインは、星野真理さんだったと思います。あの頃は金八先生の娘さん役で、かわいらしく高校生を演じていた頃だと思います。会社の先輩が、「乙女ちゃん(役名)と結婚したい」と言っていました。懐かしいですね。



 考えてみれば、クリスマスソングなんて、ほとんどのアーティストが発表してるんですよね。とても選びきれるものではありません・・・。いやいや、妥協せずにちゃんと考え抜粋しましょう。

 クリスマスソング。んー。昔、チューブの前田さんが、ソロで歌ってましたよね。「泣かせて、怒らせて、喧嘩して〜」なんて出だしだったと思います。車の中でよく歌ってました。車の中で歌うのって、歌唱力アップにつながりますよね。皆さんも、対向車の目線は気にせず、どんどん熱唱しましょうね。

 話を戻します。渡辺美里さんの、『クリスマスまで待てない』なんかも印象に残っています。やっぱり、昔の歌ばかりになってしまいましたね。
posted by ななせ at 17:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。