2011年01月26日

アジアカップ準決勝韓国戦

 サッカー日本代表が参加している、アジアカップ2011カタール大会。25日夜の大会準決勝では、日本代表と韓国代表のいわゆる日韓戦が行われました。

 劇的な勝利で勝ち進む日本代表の効果で、日に日に注目度が増しているような今大会。昨晩のテレビ中継も、延長戦そしてPKにまでもつれる試合で睡眠時間がどんどん削られていくなか、それでも必死で選手たちに声援を送った方が大勢いたのではないでしょうか。

 何せ、本気モードの日韓戦というのは本当に久しぶりですからね。やっぱりライバル、熱くならないわけがない。



 とか言いながらも、こうして記事を書いている本人は、じつは最初から観ていないんですよね。仕事で遅くなったとかではなく、転寝をしている間に気が付いたら午前零時を回っていたという有様。近頃は本当に生活リズムがグダグダしている感があります、反省反省。

 ということで、目を覚まし急いでテレビをつけると(正確にはテレビ点けっぱなしで寝てしまったので、チャンネルを替えて)、日本代表韓国代表ともに1得点。試合時間も残り僅かだったので、後半戦終了までトイレを我慢(要らん情報ですな)。ハーフタイムの情報で、日本の得点が前田遼一によるもの、香川真司に代わって細貝萌がピッチに立っていることを知る。

 それからはあっと言う間の延長戦。ほとんど圧されているような感じでしたが、ちょっとラッキーなPKゲット、そして交代出場細貝選手のナイスな詰めで1点リード。しかしそこはさすがの韓国。試合終了間際、まさかの同点ゴールを決められてしまいます。そして試合はPK戦へ。

 ここまでの流れだと、完全な負けパターン。しかし神懸かったゴールキーパー川島の、まさかまさかの3連続止め。日本チームは長友が唯一外したものの、見事に3対0でPK戦をものにします。反省すべき点は多々あるでしょうが、勝ちあがり方としては完全に優勝モードですね。



 いよいよ決勝は29日の深夜。相手は、これも韓国と並んでアジアの強豪オーストラリア。普通にやれば少なくても負ける相手ではないと思うのですが、まあ簡単な試合にはならないでしょうね。

 あとは、出来ればアントラーズの選手に活躍してもらいたいかなと言った感じです。


posted by ななせ at 10:43| Comment(1) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
素晴らしい試合でしたネ!
とても興奮して、
しばらく寝れませんでした。
試合後の本田選手のインタビューで、
顔色がとても悪かったのが、
かなり気になります・・・
それと香川選手の骨折!
決勝に出場できない本人は
とても残念でしょう・・・
とにかくここまできたら
優勝してほしいものです!!
Posted by プレゼント at 2011年01月27日 01:02
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。