2009年03月14日

ACL

 ACL(エーシーエル)、始まりましたね。

 AFCアジアチャンピオンズリーグ。簡単に言えば、アジアの中の、サッカーのクラブ最強を決めましょうという大会ですね。

 ちなみに、一昨年が浦和レッズ、昨年がガンバ大阪と、日本勢が連覇しているんですよね。当然、今年こそは、鹿島の優勝といきたいところです。



 さて、いよいよ幕を開けたACLなんですが、アントラーズはいきなりの大敗スタートとなってしまいました。ガンバやレッズに完勝した事で、私の中には余裕と言うか慢心がありました。選手たちはそんな事はなかったでしょうけど、まあ、早いうちに膿は出しておいた方が良いですもんね。

 新聞には、「鹿島、早くもACL優勝に黄色信号!」なんて書いてあるところもありましたが、そんな事は気にせず、気持ちを切り替えていきましょう。



 ところで、ACLを勝つための大きなポイントが、コンディション体調管理です。Jリーグと並行して行われるため、疲労がたまりやすいのです。移動も、選手にとって大変なことでしょう。

 まあ、アウェーの試合に関しては、チーム同様にサポーターも大変ですよね。もしかしたら仕事を休んで行かれている方もいるでしょうし、本当に頭の下がる想いです。こういった人たちが、クラブ、そしてJリーグ、さらには日本のサッカーを支えているんですよね。

 話を、選手のコンディションに戻しましょう。一昨年にACLを制した浦和レッズは、Jリーグの優勝もほぼ手中に収めながら、蓄積された疲れのために、歴史に残る大失速で優勝を逃してしまいました。

 昨年のガンバ大阪も、リーグ戦の順位は確か8位か9位くらいと振るわなかったのです。今年のACLの出場権を得るために、ガンバ大阪は天皇杯をもぎ取りましたが、選手たちはボロボロの状態でした。

 今年鹿島アントラーズが掲げる目標は、JリーグとACLをともに制し、文句なしのチャンピオンになることなのです。


ラベル:ACL
posted by ななせ at 23:22| スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。