2009年03月13日

眠れない

 前回の記事と連動するようですが、今回は、眠れないときの話です。

 タイトル名はそう付けたものの、最近、このような状態になったことがないんですよね。前回も書いたように、何しろ、起きれないことの方が問題なので。



 とはいっても、眠れない思い出話は多々あります。子供のときなんですけど、布団の中に入って数分も経つと、このまま眠りにつくことが出来ないのではないかという不安になってしまう時期がありました。甘ったれた子供ですよね。

 振り返ってみると、今の精神的弱さを象徴するようなことです。トイレが妙に近くなっていた時期にも言えることなんですが、ようは、不安に打つ勝つことが出来ないんでしょうね。まったく、もう。



 あとは何と言っても、喘息(ぜんそく)の発作が起こったときです。それはもう苦しくて、眠れないどころの騒ぎじゃないですよね。当然咳も止まりませんし、そもそも、横になること事態が苦しいのですから。

 まあ、それでも、疲れからなのか、明け方には何とか夢の中にいくことが出来るのですが。思い出したように言いますが、本当に喘息って苦しいですよね。



 他に、眠れないときってどんなときでしょう。ロマンチックに、恋をしているとき、なんていうのもキャラじゃありませんし。

 ぁ、とっても痒い時ですね。夜中に目を覚ましたときに、無意識のうちにかき傷を作っていたりすると、それはもうショックです。血が出るほどかいて、ヒリヒリして起きてしまうこともありますからね。

 大体、目を閉じてうつ伏せになっていれば痒いことを誤魔化せるんですが、本当にかゆいときなんかは、なかなか眠れないこともありますね。そんなときはもう、お気に入りのドラマや映画を観るしかないですね。あわよくば、そのうちウトウトと。

 って、今回は眠れないと言うキーワードでしたよね。今のところ、絶対にこの時間に眠りにつかなければならない、と言う縛りがないからなのか、そういった悩みはないですね。


posted by ななせ at 21:39| 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。