2009年03月09日

長野里美さん

 長野里美(ながのさとみ)さん。私の大好きなドラマ『ぽっかぽか』で、真田佳子役で出演していた女優さんです。

 主人公である田所麻美(七瀬なつみ)の近所に住む、いかにも脇役的な人物設定のされている主婦です。



 こてこての花王愛の劇場ですし、役自体地味な役なので目立ちませんが、長野里美さんの美しさは目を見張るものがありました。それでいて、どこにでも居そうな主婦。しかし、田所家のご近所さんとしてなくてはならないキャラクターに。この絶妙な存在感が、『ぽっかぽか』シリーズを不朽の名作にした大きな要因の一つであることに異論はないでしょう。

 特に、シリーズ3作目の頃には、麻美と佳子の仲はとても深いものになっていました。主人公の麻美がぶっ飛んだキャラなだけに、周囲の主婦は控え目に描かれているのですが、そんななかでも昼ドラ特有のドタバタ感を絶妙なサジ加減で演じているのです。この辺のバランスが、登場人物の一体感をよりいっそう引き立てているのではないでしょうか。



 さて、長野里美さんといえば、公開中の映画『誰も守ってくれない』にも出演しています。志田未来さんのお母さん役ですね。

 ご覧になった方も多いと思いますが、この映画は、兄が殺人を犯してしまった少女と、それを保護する刑事の物語。犯罪者の家族、警察、メディア、さらには世論と、一つの事件を巡って起こりうる出来事がリアルに描かれています。序盤のシーンの中で、犯人の父と母の離婚の手続きを、淡々と手際良く進めていくシーンなどは、下手なアクションシーンなどよりもよほど臨場感溢れるものでした。

 言うまでもなく、出演者たちの演技も見事でした。長野里美さんも、それほど多くない登場シーンながら、さすがの演技でしたね。家族が殺人犯になってしまったら、本当にこのようになるのだろうという雰囲気が、ヒシヒシと伝わってきました。佐藤浩市さんや志田未来さんをはじめ、出演者それぞれの演技が、息を呑むほどのものでした。


ラベル:長野里美
posted by ななせ at 23:45| テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。