2009年02月15日

安全靴って、大切ですね

 現場で仕事をする方にとって、安全靴は大切な仕事道具の一つですよね。どんなものを履いているのか、きちんと手入れはされているのか等をチェックすると、その人の職務能力の一部分が見えてくるものです。

 なんて他人事のように話していますが、私も、工場作業が主な仕事の人間です。



 安全靴と一口に言っても、アシックス、ディアドラ、シモン、アディダス、ミドリと、当然ですが様々なメーカーの物が販売されています。

 激安な物から高い性能の物まで、店頭に限らず、通販でも充実してますよね。



 そんな中、安全靴を選ぶ基準は何でしょう?職人気質の高い人ほど、細かいところまでこだわった物を選ぶんでしょうね。マラソンランナーのシューズはもちろんですが、野球選手のグローブやバット、ゴルファーのクラブのように、身体を同化するように道具を馴染ませることは、一流の人が皆やっていることですよね。

 言うまでもなく、私は一流とは程遠い人間です。正直なところ、道具を大事にする方ではありませんし、強いこだわりも持ち合わせまえん。まあ、この辺りに、何をやっても中途半端に終わってしまう理由があるのかもしれませんね。もちろん、プロ野球選手などを見ていても、グローブやバットを叩きつける人もいますので、それだけが理由というわけではないでしょうけど。



 さてさて私ですが、今までの話からも分かるとおり、安全靴にもこだわりは持っていません。2,3年で一足買うくらいのペースなので、購入の際は高からず安からずの商品を選ぶようにしています。あまりにも低価なものだと、早々と穴が開いてしまうからです。

 ただ、本当は、自分にピッタリの物を揃えるべきなんですよね。デリケートな私は、足の裏なども荒れやすいですし、爪も弱くて簡単に割れるんですよね。暖房の効いた工場ではないので、冬は恐ろしく寒いんです。なにせ、北海道で育った人が、ここの方が寒いと、顔をしかめるくらいですから。
ラベル:安全靴
posted by ななせ at 13:02| 転職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。