2009年02月09日

パソコン検定

 この大不況の中、何かの足しにと、資格を取得しようとする人がたくさん出てきました。パソコン検定も、そんな試験の一つ。持っていれば大きな武器になるでしょうし、実際に資格が必要ではなかったとしても、タイピングの練習などはムダになることはないでしょう。

 結局のところ、就職の際は実務経験が問われるんでしょうけど、常に生涯学習の精神は持ち続けたいものです。自分のことをアナログ派というカテゴリに区分けしないで、新しいものをどんどん吸収していくべきですよね。



 パソコン検定の問題集などを覗くと、確かに実務とは関係ない知識を問うものが多いですよね。まあ、これは他の資格試験にも言える事なんでしょうけど。

 技術的には高い運転能力を持っている従業員が、ペーパーテストを合格することが出来ないというのは良く聞く話です。まあ、IT関連の社長になるために、資格が必要と言うわけではないですから、今の例えはチョット的が外れているかもしれませんね。



 パソコン検定は受検していないのですが、その他の資格試験なら経験がありますよ。例えば、宅地建物取引主任者資格試験。もう、10年位前の話ですね、最初に挑戦したのは。

 5,6回受けて、合格出来ないまま、挑戦は終わってしまいました。学校に通うことなく独学で挑んだのですが、最初の年にあと一点で合格という点数を取り、甘くみてしまったみたいです。

 やはり努力する才能も必要らしく、毎回直前になって勉強を始めて、毎回1点や2点の差で落ちました。もちろん、その1点や2点をうめるべく、皆さん頑張るんですけどね。



 さて、パソコン検定を受ける予定は今のところありませんが、基本的に試験を受けること自体は好きなんですよね。勉強を頑張ることは苦手なんですけど、合格するかどうかギリギリの実力で、問題に挑む。あの緊張感は、なかなか楽しいものです。

 もちろん、人生を掛けた試験に臨んでいる人には、無理な話ですけど。


ラベル:パソコン検定
posted by ななせ at 23:44| 転職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。