2009年02月05日

会社を辞めたい

 以前よりも頻繁に発症するようになってきたのが、会社を辞めたい病です。こんなことを書いていると、何だか自己嫌悪になってきてしまうんですけどね。ただ、正直な思いだけに、なんとも抑え切れません。

 きっと、ほとんどの方が同じような思いを押し殺して、毎日ちゃんと会社に行くのでしょう。もちろん私だって、どんなに辞めたいときでも、無断欠勤なんかはしたことないですよ。(当たり前ですよね・・・)



 上司や部下、同僚など対人関係の悩みや、健康的肉体的にきつくなってきたなど、会社を辞めたい理由は様々でしょう。やりがいがない、もっと人生を掛ける仕事がしたい、などという理由もありますよね。実際、私もいろいろな理由が絡み合っています。その一方、早く退職したいと言うのは、単なる敵前逃亡ではないか、などと自分を責めてしまったりもします。

 考えてもみれば、貧しい国に生まれた人なんかは、食べるものすら満足に確保出来ぬままにこの世から去っていくんですもんね。それなのに、遣り甲斐だあ生きがいだあとか言ってるのは、贅沢病と言われても致し方ないところです。今日明日の食べ物を確保するためには、人間関係もヘッタクレもないですもんね。



 そうは言っても、やっぱり会社を辞めたいのです。一体どちらの精神状態を正常と呼ぶのか、おそらく両方とも正常なのでしょう。あとは自分を信じるのみ。職を失うのが怖いのなら、残って頑張るのみです。その代わり、いっさい愚痴はこぼさずに。

 もし会社に残って、辞めたい気持ちを年中周囲に漏らしているようなら、やはり大海原へと飛び出すべきでしょう。このご時勢、正社員だっていつ首を切られるか分かりません。ボートの漕ぎ方が巧くても、ヨットの操縦が出来ても、その媒体を取り上げられてしまっては、頼るのは自分の泳ぎのみと言うことになります。とりあえず、泳ぎの練習を海でしておいた方が良いですよね、早いうちに。溺れそうになったら、筏に這い上がればいいんですから。2,3年後には、筏はおろか、浮き輪すら不足している世の中になっているのかもしれないんですから・・・。


posted by ななせ at 06:35| 転職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。