2009年02月03日

派遣社員

 派遣社員の首切りが、社会問題になっていますね。

 私はその立場になった経験がないので、あまり勝手なことを言うと、お叱りを受けてしまいそうです。一人一人に考え方や行動の違いがあるだろうから、ある一つの意見を持って全てが正しいと言うことはありえないんですよね。



 正社員、契約社員、そして派遣社員。さらには、パートにアルバイト。雇用形態にも色々あって、それぞれにメリット、デメリット、様々な問題や悩みを抱えているんですよね。給料(時給や年収)や就業規則、有給休暇が実際に使えるのかなど、その実態は職場のルールによって違いますし、働いてみなければ分かりませんもんね。募集広告に記載されている内容や面接時での説明とも、食い違ってくる部分は出てくるでしょうし。

 今さらになって法律が悪いだの、正社員化しろだの、論調がどうも単純ですよね。おそらく企業によっては、この混乱をチャンスとばかりに、人員を削ってしまおうと言うところもあるかと思います。何でも国の責任にする割には、他人に対しては自己責任論を主張する国民性がありますからねえ。総理の漢字の間違いや朝青龍の品格に文句を言うよりも、もっと政治・経済を良くするのにはどうすればいいのかを、一人一人が前向きに思案するような社会にしたいところですよね。



 ところで、私も派遣社員の方々と、毎日仕事をしています。なかには、かれこれ4年もの期間を共にしている方もいます。もちろん良く言われているように、職務事態は正社員と同じことを一日やるわけですし、部分的にはむしろ優れているところも多々あります。比較的仲も良いので、賃金に対する愚痴なんかも良く聞きます。

 しかし、正社員の立場から言わせて貰うと、やはり正社員にはそれに準ずる苦労もあるんですよね。責任感、業績に対するプレッシャーなど。時間だけではなく、身も心も切り売りしているわけです。


ラベル:派遣社員
posted by ななせ at 06:25| 転職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。