2009年01月24日

大後寿々花さん

 大後寿々花(おおごすずか)さん。他の記事でも何度か触れていますが、私が一押しする女優さんです。

 同じ世代の強力なライバルに、映画『誰も守ってくれない』が話題の志田未来さんがいます。本人同士はライバル意識をもっていないようですが、素人ファンとしては切磋琢磨して成長していもらいたいものです(上から目線ですみません)。



 大後寿々花の魅力を語るのには、それだけでブログが一つ必要になってしまいます。ですので、ここでは簡単な経歴を掲載していきましょう。画像や動画は用意していませんので、あらかじめご了承くださいね。それでは簡単な出演経歴です。

 ドラマは、『ごくせん』のヤンクミ少女時代、『ドクターコトー』の島の子供、『あいくるしい』の車椅子の美少女、『シバトラ』のヒロイン、そして松山ケンイチくんとの掛け合いが絶妙だった『セクシーボイスアンドロボ』です。

 映画の方では、ハリウッドデビュー作となった『SAYURI』をはじめ、『北の零年』、『バルトの楽園』、『遠くの空に消えた』、『グーグーだって猫である』、そして今年公開予定の『カムイ外伝』があります。

 出演作品を羅列しただけの記事になってしまいましたが、若干15才にして驚きのキャリアですよね。それも、一つ一つの役でしっかりとした存在感を見せているのが、大後寿々花さんの凄いところです。



 そんな中でも、私としてはやはり『セクシーボイスアンドロボ』がオススメ作品ですね。松山ケンイチくんとのコンビは、翼君と岬君以上の黄金コンビだと思います。

 『L チェンジザワールド』で松山ケンイチくんと競演した福田麻由子さんは、撮影中『セクシーボイスアンドロボ』の話題ばかり聞いて来たそうです。福田麻由子さんといえば、大後寿々花さんの一つ下で、やはり天才と呼ばれる若手女優の一人。その福田麻由子さんをも虜にしてしまうほど、魅力ある作品なのでしょうね。


ラベル:大後寿々花
posted by ななせ at 21:00| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。