2009年01月22日

バク転スクール

 最近知ったのですが、バク転スクールというものがあって、ちょっとの練習で多くの人が出来るようになってしまうらしいんですよね。

 テレビなんかで観てると、とても自分がやるようなものではないなあと思ってしまうんですけど、出来るようになる可能性はあるのでしょうかね。ジャニーズやサッカー選手など、カッコイイ人がカッコ良く決めるからこそ絵になるとも言えますもんね。



 スクールに通うかどうかは別にしても、バク転が出来るようになりたいっていう願望は皆さん持ってますよね。センスのある人なら個人の頑張りで何とかなってしまうんでしょうけど、やっぱり運動神経のない人は独学では難しいでしょうね。少なくとも私は・・・。

 自慢じゃありませんが、小学生のとき、逆上がりが出来ませんでした。自己分析をすると、センス云々以前に怖がりなんですよね。だから、成功しようというよりも、いかにダメージなく失敗するかという方に、意識が集中してしまうんですよね。

 ですから出来る出来ないをウダウダ考えるよりも、生徒の気持ちを乗せるのが上手いコーチにしっかりと教えられた方がはるかに早いわけです。優しそうなコーチよりも、むしろ少し怖さのあるコーチに叱咤激励されながらの方が良いくらいでしょう。



 ところで、バク転スクールからは話が離れるのですが、小学校のときの逆上がりでの出来事を、二つばかり思い出してしまいました。

 ひとつは、先生から与えられた交換条件です。ちょっとした悪さのために、コンクールに展示されるはずだった私の習字が、リストから外されてしまったのです。先生は交換条件として、「休み時間に逆上がりの練習をすれば、コンクールに展示してやる」と言ってきました。ですが私は、下級生に見られるのも恥ずかしいななんて考えるうち、結局断ってしまいました。

 もうひとつを手短に話すと、練習に付き合ってくれた友達に指導を受けていたときのこと。手を離してしまった私は、おでこに怪我をしてしまいました。直後に遠足があったため、写真にはくっきりとそのときの怪我が写っています。


posted by ななせ at 10:00| Comment(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。