2009年01月15日

緒方洪庵

 緒方洪庵(おがたこうあん)。江戸時代末期の人で、天然痘の予防に尽力。大阪に適塾を開いたことでも有名ですね。

 ドラマや伝記本などで描かれていると思いますが、私としては、司馬遼太郎さんの小説での印象が強いです。天然痘との戦いについては、NHKの『その時歴史は動いた』で詳しく取り上げられていました。



 緒方洪庵といえば、やはり、適塾とその門下生の話になると思います。大鳥圭介、高松凌雲、橋本左内等といますが、やはり、福澤諭吉と村田蔵六(大村益次郎)ではないでしょうか。

 幕末、明治に、多くの人材を輩出したという点で、吉田松陰の松下村塾と並び称されることが多いですよね。教えている内容は全く違うのでしょうが、日本を良くしたいという思いは共通のものだったのでしょう。緒方洪庵と吉田松陰の人柄も、なんだか似ているようなイメージがあります。実際に、村田蔵六は松下村塾系の高杉晋作や山県有朋らと共に、幕長戦争に勝利することになるんですもんね。

 また、村田蔵六とは逆に、福澤諭吉は攘夷の愚かさを説いていました。攘夷論をめぐって、二人が激しく言いあうシーンが描かれています。



 緒方洪庵の適塾。塾生の勉強量は、凄まじいものだったみたいですね。テストの成績が良い者ほど、位的なものが上がっていくらしく、自分が寝たり勉強したりするスペースも広がっていく仕組みだったらしいです。

 少しでも早く這い上がりたい、少しでも国の役に立つ力を身につけたい。そんな純粋な思いが、幕末、明治の日本を動かす力になっていったのでしょう。今の世の中、必要なのは、高い志をもった生徒と指導者が集まる、学びの場なのかもしれません。


【関連する記事】
posted by ななせ at 15:06| 読書、本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。