2009年01月07日

内田篤人

 内田篤人(うちだあつと)くん。うっちー。

 Jリーグ鹿島アントラーズ、そして日本サッカー界の宝と言ってもいいでしょう。ポジションは、右サイドバッグ。スピードを活かした攻撃は、魅力的で楽しませてくれます。



 私が内田篤人くんを知ったのは、彼の鹿島アントラーズ入団決定の記事を見たとき。どんなプレーをするのかも、どんな顔をしているのかも知りませんでした。ただ、攻撃的という紹介があったので、期待はしていました。

 内田篤人くんが入団したときのアントラーズには、名良橋選手がいました。名良橋選手といえば、左の相馬選手と共にアントラーズのみならず日本代表でも活躍。ワールドカップフランス大会にも出場した、日本サッカー史上に残る右サイドバックです。その名良橋選手が怪我で苦しんでいたこともあり、内田篤人くんはアントラーズの歴史上初めて、高卒ルーキーで開幕スタメンを飾ることになったのです。

 その開幕戦。スピードに乗ったドリブルでペナルティエリア内でファウルをもらい、先制点となるPKを獲得したのです。そこから、完全にスタメンに定着。すっかり、チームには欠かすことの出来ない存在になってしまいました。



 そして、2年目。アントラーズを去ることになった名良橋選手は、自分の背番号である「2」番の後継者に、内田篤人くんを指名したのです。

 名良橋選手自身、以前にブラジル代表のジョルジーニョ選手から後継指名されて引き継いだ背番号。名良橋選手としても、受け継ぐにふさわしい選手が現れたのは、とても喜ばしいことだったのでしょうね。



 内田篤人くんの現在の活躍ぶりは、改めて説明する必要もありませんね。

 2008年は、Jリーグ連覇、ACL出場、北京五輪出場、そしてワールドカップ最終予選と、休む間もない活躍ぶり。ウッチースマイルで、多くの女性ファンの心をつかんでいます。


posted by ななせ at 14:28| スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。