2009年01月05日

年賀状

 年賀状。皆さんは、楽しんで心をこめて書いていますか?

 私は、正直面倒だなあ、なんて思って製作しています。とは言え、もちろん相手の顔を思い浮かべながら、きちんと感謝の意を書面に込めているつもりではあります。



 この年賀状ですが、昔とは随分と様相が変わりましたよねえ。デザインやイラスト、テンプレートなどの無量素材が、数多く用意されているんですもんね。もちろん、私のような時代遅れの者にとって、使い慣れるまでが一苦労なのですが・・・。

 そうは言っても、トライしてみない事には何も始まりませんからね。機会操作の苦手な年配の方などは、手書きで片付けてしまった方が速いくらいだとは思います。ですが、いくつになったとしても、文明から乗り遅れない努力はしたいものですよね。



 ところで、年賀状の文面が大人っぽくなるのって、いつ頃からでしょう?子供の頃は、他愛も無い事を、深く考えるわけでもなく書き綴っていたような記憶があります。だからこそ、それほど億劫にならなかったんでしょうね。

 むしろ、どうやって笑わせてやろうかと思案していると、とっても楽しいイベントになってしまいます。もちろん、子供の年賀状とは言え、モラルはきちんと守っていたつもりですが。

 今にして思うと、ちょっと度が過ぎた内容もあったかもしれませんね。まあ、そういったものも含めて、本年もよろしくと言う事なんですもんね。



 振り返ってみると、子供の頃から年賀状を書くのは億劫な方だったんですよね。これは、相手にも依りけりと言うことかもしれません。自由にコメントが出来る分、ちょっとネタに困るような相手の場合には筆が止まったりしてしまいますよね。

 だんだん思い出してきたのですが、年賀状にプロ野球の順位予想なんかを記したこともありました。


ラベル:年賀状
posted by ななせ at 16:47| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。