2009年01月02日

有馬記念

 有馬記念。いやあ、ダイワスカーレット強かったですね。走りがスマートなので、女傑と言う呼び名は似合わないかもしれませんが、完全に他の男馬を圧倒していますよね。なんせ、負かしに行った他の有力馬が、皆揃って壊滅しているのですから。

 有馬記念を牝馬が優勝するのは、トウメイ以来とのこと。来年は海外挑戦に臨むようなので、是非とも無事に行ってもらいたいものです。



 さて、その有馬記念の配当ですが。勝ったダイワスカーレットは一番人気だったのですが、馬券は荒れました。と言うもの、2着3着には無欲の馬が突っ込んで来たからです。それだけ、ダイワスカーレットの力が突出していた有馬記念だったわけです。

 2着に入ったアドマイヤモナークは、14頭中なんと14番人気。そのため、馬連は2万円を大きく超えてしまいました。終わってからならいくらでも言えるのですが、ダイワスカーレット絡みにしては大変美味しい馬券ですよねえ。くうー。

 結果を知ってからグダグダ言うのは、最高にカッコ悪いと自覚しつつ、ここは反省会をしておきましょう。



 今回の有馬記念。細かく、私の購入した馬券を記しておきましょう。まあ、どうでもいい話なんですけどね。

 無難な予想なんですが、ダイワスカーレットを本命にしました。最初、ベンチャーナインからいこうかとも考えていました。ですが、やっぱり当てたいじゃないですか。一年の締めくくりくらいは。

 いつもは三連単を主に購入するのですが、今回は一番人気の馬から行くということで、リスクをとらずに三連複にしました。相手には前述のベンチャーナイン、アドマイヤモナーク、フローテーション、マツリダゴッホ、アルナスライン、アサクサキングスを選びました。そう、かなり手広く行ったのです。さらに、ダイワから相手6頭にワイドを流し、100円余ったので、ダイワ、ベンチャー、モナークの三連複を買い足しました。

 結果、ダイワとモナークのワイドが引っかかり、2,200円が7,160円になったのでした。


posted by ななせ at 11:31| スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。