2008年12月16日

篤姫

 篤姫、終わっちゃいましたよね。一年間、一話も見逃すことなく観てしまいました。これは予想外でした。

 昨年の大河ドラマ『風林火山』が、同番組史上に残る名作だったこともあり、当初それほど期待していなかったのが『篤姫』なのです。大奥が舞台というのも、フジテレビのドラマの二番煎じという感じで、NHKに対して不満を感じてしまいました。



 そのような状態のなか、なぜ『篤姫』を観る気になったのかというと、大きかったのは番組宣伝で拝聴した宮崎あおいさんのインタビューを聞いたことです。
 
 宮崎あおいさんに関しては、元々、蒼井優さん、上野樹里さんと並ぶ、若手女優トップ3という評価をしていました。(偉そうですみません)その宮崎あおいさんが、役作りに関して語っている内容を聞いて、「なるほど、この子は本当に心得ている。ぜひ、観てみよう。」と思ったわけです。(またまた、偉そうですみません。)

 あとは、若手俳優の中で松山ケンイチくんと並ぶ称する評価をしている瑛太くんが出演しているというのもありました。彼が演じているのは小松帯刀。薩摩藩家老として明治維新に尽力した人物ですが、同藩の西郷、大久保に比べると、知名度がだいぶ落ちます。しかし、今回の瑛太くんは見事に小松帯刀を演じ、準主役と呼んでいい活躍を見せました。



 さて『篤姫』ですが、いざ観てみると、話が進むたびにはまっていきました。『風林火山』とはまた違った面白さがありました。特に、ラストに近づくにつれ、毎回感動の涙を流してしまいました。

 この『篤姫』の面白さは何だったのでしょう。簡単に言えば、脚本と宮崎あおいさん始めとする配役がズバリはまったという事だと思います。世間では、家定役を演じた堺雅人さんがクローズアップされていますが、個人的には、小澤征悦さんと松田翔太くんにも何か賞をあげたいです。


ラベル:篤姫 宮崎あおい
posted by ななせ at 12:08| テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。