2008年12月14日

ベビー福袋

 ベビー福袋。もちろん、お子様が自分で買うわけではないので、当たり外れはお母さん(購入者)次第ということになりますが、いくらクジを引くようなものとは言え、最低限のラインはしっかり保っておいてもらいたいところですよね。

 この時期に夏物をもらうのも、福袋なのでまあ面白みの一つですが、ベビーの商品だけに、夏を迎える頃にはサイズ的に着れなくなってるかも知れません。

 これは元の率にも関係しますが、多く発注するほど欲しいものが入ってる確率は上がりますよね。当然、その分、不要のものが増えることにもなってしまいますが・・・。冬物が欲しいのに、10頼んで9が夏物では、そもそもアンフェアですもんね。ベビーもビックリです。

 ただ、それが福袋の醍醐味と言えば醍醐味なんですけどね。当たった場合にはラッキーですし。やはり問題になるのは、当たり外れの比率と、最低ラインの基準でしょうね。



 子供物の服は、インターネットでかなり売れるみたいですので、ベビー福袋などのネット販売も盛んなのでしょう。通る通らないは別にして、簡単な希望も伝えることも可能みたいです。通る通らないは別にしても・・・。

 もし、大外れを引いてしまったとしても、再チャレンジ、リベンジしてみようと思ってしまうのが人間の性。ベビー福袋に限らず、恋愛やギャンブル、人生全ての事に言えることです。(何言ってんだか)

 まあ、外出用が無理なら自宅用で、着る事が出来なくても、用途は色々ありますしね。どんなものが入っているのかドキドキするのが福袋。(今さら、当たり前のことですが・・・。)そのドキドキワクワク感も、当然値段に入っているんですもんね。


ラベル:ベビー福袋
posted by ななせ at 21:38| ショッピング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。