2008年12月12日

フルマラソン

 初めてのフルマラソンで、完走したときの想い出です。

 以前に、練習方法は紹介しましたよね。紹介といっても、他の方のトレーニングに参考になるようなものではありませんが・・・。



 自分なりに、準備は出来たかな、といった状態で、フルマラソン本番の日を迎えました。

 前夜にはバーべQ大会があって、十分な睡眠を摂ることは出来ませんでした。まあ、摂る気があれば、帰って寝ればすむことだったんですけど・・・。

 良い方に捉えれば、フルマラソンというものに、それほど恐れを抱いていなかったと言うことでしょう。逞しい限りです。



 さて、いよいよ本番スタートです。私は、友達と二人で出走しました。(相変わらず、文章が幼稚園レベルですみません。)

 初めてのフルマラソン。周りのペースに惑わされずに、とにかく自分たちのペースを守ることに集中しました。そんな中、まず驚かされたのは、沿道の声援です。とにかく温かく、選手の背中を押してくれます。フルマラソン初参加とはいえ、一応私も選手の一人ですから、なんだかスタート直後から胸が熱くなってきました。

 給水所でボランティアとして応援している人もいれば、全くの個人でおにぎりなどをくれる方までいるのです。「こういうのも、フルマラソンの醍醐味なんだなあ。」と、感慨深げに思ったものです。



 さて、スタートから友達と二人で走っていた私ですが、約6km付近で、別々になりました。私が先を行くことになったのです。フルマラソンの雰囲気に慣れてきましたし、何よりも体が軽くなってきたのです。

 ちなみに、私たちのようなド素人は、スタート前のアップなどせず、むしろ開始5kmくらいをウォーミングアップ代わりにするくらいのほうが良いと思います。もちろん、ギリギリ完走を狙っている人の場合ですけどね。



 なんだか、考えていたよりも文章が長引いてしまいました。次回へ続きとさせて頂きます。


posted by ななせ at 16:20| スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。