2008年12月11日

アコードワゴン

 私が乗っている、アコードワゴンくんについて。購入したのは、平成12年の初夏。長い付き合いになったものです。

 大きな故障もなく、もうすぐ走行距離20万キロに達しようとしています。私たちの関係は、一体いつまで続くのでしょうか。



 このアコードワゴンくんを選んだきっかけです。当時の私が考えた事は、時代を駆け抜ける革命児、具体的に言うと、高杉晋作のようなイメージの車に乗りたいという事でした。そこで選ばれたのが、このアコードワゴンくんだったのです。

 それまで乗っていた車と比べると、一気にグレードアップするものでした。余談ですが、車のローンを組んだ途端に、会社のボーナスが大幅にカットされてしまいました。陰謀としか思えません。まあ、そんなもんですよね。しっかりボーナス払いで組んでいたので、やられたって感じです。



 そんなこんなで、アコードワゴンくんとの貧困生活・・・いや、新婚生活が始まりました。

 慣らし運転も満足に終わらない段階で、かなり重労働なプランを立ててしまいました。高速道路を平均100キロで走り、休憩約5時間を含めると、片道で約15時間かかるドライブを決行してしまったのです。

 初体験を終えたばかりのアコードワゴンくんには、かなりきつかったでしょうが、文句も言わずに頑張ってくれました。きっと内心「違う交通手段を使えよ」と思っていたに違いありません。私としては、それが愛情表現だったりするのですが。



 アコードワゴンくんとの生活は順調です。食べかすや小銭などが、たくさん落ちたままの状態になっていますし、何年も使っていない野球道具も積んだままだったりしますが・・・。

 もちろん、アコードワゴンくんとは言え、いく度かの怪我はしています。フロントガラスを、飛び石で2度割られたのは痛かったです。私の金銭面的に。


posted by ななせ at 14:37| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。