2011年10月09日

ナビスコカップ

 サッカーのナビスコカップ。今日は準決勝に試合が行われました。鹿島アントラーズが名古屋グランパス相手に延長戦の末2対1で、浦和レッズがガンバ大阪を2対1でそれぞれ下し決勝進出決定です。決勝戦は今月の29日土曜日におこなわれます。



 アントラーズとレッズのナビスコ決勝というと、自分は2002年の試合を国立で観戦していました。あの時は、1対0でアントラーズがレッズを下し、見事優勝してくれたのでした。

 決勝点は、小笠原のシュートが井原に当たって入ったんでしたよね、確か。

 あのときのレッズには、なんと言ってもエメルソンがいました。懐かしいなあ、周りがレッズサポーターばっかりだったのは覚えています。得点的には辛勝だったけど、なんだかあまり負けそうな気はしなかったんですよね、あのころは。



 しかし、そのたった1年後です。両チームは、再び決勝の舞台で顔を合わせました。

 手元に資料がないので、記憶違いだったらゴメンなさい、たしか4対0でレッズが勝ったんでしたよね。前年度MVPに輝いた満男くんが退場になっちゃうし、もう散々な試合だったと思います。田中達也が輝いてたなあ。

 そのときはテレビ観戦だったんですが、何とか最後まで観ました。なんだかもう、優勝に向けての勢いも凄かったですし、やがて来る黄金時代を感じさせる内容でしたよね。



 何はともあれ、再び因縁の対決が決勝で行われるのです。お互いにリーグ戦はいまいちですから、ここでひとつタイトルを取っておきたいところですよね。

 大迫君や岳君、原口元気君などが争うであろうニューヤング賞?にも注目です。最近はレッズの観客数もだいぶ減ってるみたいですが、やっぱり超満員で大声を張り上げてくれないと物足りないです。サポータの数では完全なアウェイ状態になっても、鹿島の選手だってその方が高いモチベーションで試合に臨めるでしょうから。


posted by ななせ at 21:41| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。