2009年07月06日

官僚たちの夏

 昨日放送がスタートした、TBSのドラマ『官僚たちの夏』。キャストの顔ぶれと、作品の何となくなイメージで、とりあえず観てみようと思ったわけですが、予想通りの素晴らしい作品でした。「やっぱりドラマはこうじゃなきゃ!」って感じです。

 


 この『官僚たちの夏』。原作者は、城山三郎さんなんですね。と言っても、私自身城山さんの作品を読んだことは無いのですが、原作がしっかりとしていてそれを忠実に再現すれば、やはり重厚なドラマに仕上がりますよね。

 あらすじももちろん大切なのですが、軽々しくないと言うか奥深しいと言うか、話が安っぽくないのが良いですね。



 それから、『官僚たちの夏』の魅力はなんといってもキャスト陣。一人一人が、目移りするほどのメンバーです。特に、堺雅人さんが出ているのはやっぱり惹かれますね。

 主演の佐藤浩市さんも、今年は例年以上に大活躍している印象があります。『誰も守ってくれない』、『感染列島』、『少年メリケンサック』と、話題作にたくさん出演しています。



 それから、エンディングに流れたコブクロの歌う主題歌です。

 最初、誰だろう?と一瞬考えてしまいましたが、コブクロだと気づいた瞬間の感激とメロディで、よりいっそうドラマの最後が引き締まった印象です。



 おそらくは高視聴率でスタートしたであろう『官僚たちの夏』。(勝手な予想の上に、そもそも視聴率には興味は無いのですがあせあせ(飛び散る汗))次回予告を見る限り、さらなる盛り上がりが期待できそうです。

 

 何気に、今年に入ってから観た連ドラって、松山ケンイチくん主演の『銭ゲバ』くらいなんですよね。年のせいか、すっかり連ドラ離れが進んでしまっています。制作やキャストの顔ぶれと、宣伝からくる何となくな雰囲気で、「観るほどでもないな」と早めに判断してしまうんですよね。

 まあ、連ドラ離れとか言いながら、レンタルで『古畑任三郎』や『風林火山』なんかを観ていたりするんですけどね。


ラベル:官僚たちの夏
posted by ななせ at 11:20| テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。