2009年04月14日

秋山真之

 秋山真之(あきやまさねゆき)。

 日露戦争の日本海海戦で、日本の連合艦隊を勝利に導いた天才参謀です。



 秋山真之は、子供の頃から天才的な頭脳を発揮して、それでいてガキ大将でもあったようです。

 絵を描いても、詩を書いても子供離れしていて、近所の子供を集めて花火を製作、打ち上げて警察沙汰になったこともありました。



 秋山真之の青春時代は、日本がまさに近代化に向けて全力で突っ走っているときでした。彼の生まれた松山藩は、明治維新で幕府側についていたため、薩長が牛耳る明治政府にあっては、出世はとても困難なものでした。

 それでも、急いで近代化をする必要があった日本においては、人材がかなり不足してことも事実。さまざまな分野において、オンリーワンになれるチャンスがあったのです。そんな中、秋山真之が選んだのは、海軍への道でした。特に、西洋式の戦術を学び会得している人物はいなかったために、オンリー・ワンになれることが十分可能だったのです。



 海軍兵学校に入学した秋山真之は、メキメキと頭角を現します。

 試験では神様と呼ばれるほどに出題される問題を当てて、首席で卒業しました。先生それぞれの授業での話す内容や過去の出題傾向を分析すれば、大体の察しはついてしまうそうです。



 そして、海軍へと進んだ秋山真之は、戦術・戦略の研究に没頭します。アメリカ留学に行ったときなどは、部屋にこもって兵法書を読み漁ったそうです。

 ここでは、世界随一といわれた戦術家とも面談。講義を受けるというわけでもなく、その考え方や物の見方など、ヒントになりそうなものは一度目の対話のみで会得してしまったようです。

 勉強の仕方というものを、完全に理解していた秋山真之。今の時代に生まれていたら、有名な塾講師とかになっていたかもしれませんね。なにしろ、試験の神様ですから。


ラベル:秋山真之
posted by ななせ at 10:49| 勉学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月07日

古畑任三郎・高校生編

 昨年放送された古畑任三郎の中学生編、面白かったですよね。気が早いかもしれませんが、高校生編も観てみたいと思わせるほどのできでした。

 原田泰造さん、浅野和之さん、福田麻由子さん、タモト清嵐君と、脇を固める人たちも皆良かったです。



 さて、今回古畑任三郎を演じたのは、Hey Say Jumpの山田涼介君。田村正和さんのイメージとかけ離れることなく、それでいてしっかりと彼自身の個性も出していました。

 もちろん、高校生編も、山田涼介君にお願いしたいところです。私がお願いするわけではないですけども・・・。



 というわけで、DVDをレンタルしてきて、久々に古畑任三郎の第一シリーズを観てみました。

 改めて言う事ではないでしょうけど、いやはや面白いですねえ。田村正和さんも西村雅彦さんも、15年も前だというのに今でも決して色あせる事のない演技をしています。古畑任三郎シリーズがこれほどの人気シリーズになったのも、至極当然といえます。

 正直、真犯人探しなんかどうでもよく、お二人の演技を見ているだけでもお腹一杯という感じさえします。もちろん、三谷幸喜さんの脚本あってのことでしょうけど。

 ただ、私自身すっかり忘れていたのですが、古畑任三郎には医者をやっている兄と、父親の違う弟がいるのですね。本人が台詞の中で語っていたことなんですけど、なかなか整理しないとならない部分もありますね。中学生編にも登場した向島君なんか、なんとイチローが弟という設定でしたもんね。



 さて、先ほども期待していると言った、古畑任三郎の高校生編。はたして、実現はあるのでしょうか?

 同時に、田村さんの演じる現代版も、まだまだ見納めとるには惜しい気もします。一応、スペシャルドラマで完結されてはいるんですよね。

 話を高校生編に戻します。個人的にはやはり、大後寿々花さんあたりを登場させてもらいたいです。結局最後は、そんな話です。
ラベル:古畑任三郎
posted by ななせ at 12:16| テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月03日

裁判員制度

 いよいよスタート間近の裁判員制度

 実は最近まで、陪審員制度と呼ぶのだと勘違いしていました。まあ、別に違いがあるわけではないでしょうけど。



 裁判員制度の導入に関しては、世論調査などを見てみても、反対意見が多くあるようです。辞退している方も続出しているとか。

 確かに、問題点や課題なども、スタートしてみると改めて出てくることでしょう。報酬は日当いくらなのか?とか、果たして企業側は容易に休暇を与えてくれるのか?など、選ばれた際の不安はたくさんあります。



 とはいえ、裁判員制度にもいくつかのメリットはあるようです。もちろん、だからこそ導入するんでしょうけど。

 国民が人を裁く場に参加することは、どんな意味があるのでしょうね。裁判員制度の是非は、そこが一番のポイントですよね。

 テレビで流れるニュースを観ていると、どうしても、「判決が甘い」と「被害者の家族が可哀そう」という意見、感想になってしまいます。でも、それはあくまで、全くそこに関わっていないからこそ言えることなんですよね。実際に、自分の考えが被告の極刑へと繋がってしまうかと思うと、裁判員制度の枠組みの中のこととは言え、かなりの精神的不安を抱えてしまうのではないでしょうか。映画『12人の優しい日本人』の中にも、そのようなトラウマを抱えた人物が登場します。



 そもそも、司法に関して全くの素人である一般人を起用する裁判員制度。当然ですが今までよりもより、人間の感情というものが、より判決に結びやすくなるわけですよね。

 司法の原理・定義みたいなものは、一日や二日ではとても勉強できるものではないでしょう。私たちド素人からすれば当然、被告の態度振る舞いはもちろん、被害者の人間性まで大きく関係してきますよね。
ラベル:裁判員制度
posted by ななせ at 11:20| 時事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。